☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

最近の日本共産党員の個人主義化

 私は、ある甲信越地方日本共産党員の近況を聴くために電話をしました。私が、党員の方に「今年の赤旗まつりはどうするの。」と聴いて見ました。党員は、「私は、赤旗まつりに行けません。理由は、妻とこどもと一緒に車もしくは新幹線を使って迄行く気がありません。」と言いました。
 以前の日本共産党は、赤旗まつりの成功のために\峇敎搬膈党員拡大まつりの券普及ぬ雲墜洩然搬膈ソ佚構猗?Ε丱皇潅他団体への参加呼び掛けをしました。最近は、チケットぴあでの購入が可能になりました。
 しかし、最近の日本共産党員は、一連の選挙の負け続けと党活動の形骸化、党の自画自賛のために個人主義化に陥っています。当時の党活動の指導が、「日本共産党員は、雨や雪が降っても、台風が吹いても、槍が飛んで来ても党の隊列に結集をし、己の思いを捨てて大衆運動と党建設に専念し、妻や夫、恋人からのとがめに同調しないことです。」と支部の党員に詰め倒してきました。
 しかし、家族の形態の変化や青年層や無党派層日本共産党の拒否の高さ、夫婦別姓、職場の労働条件の劣悪さ、赤旗読者・党員の大幅な減少が、日本共産党員の個人主義化に拍車をかけています。
 現役の日本共産党員が、活動スタイルの形骸化や大衆の不満の取り上げ方、中央委員会を含めた党機関への問題の追求、選挙方針・活動方針の練り直しをすることです。そのことが、日本共産党員の個人主義化をなくすことに繋がります。