☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、9月ごろに閉じました。ぶどう狩りは。10月1日で終えました。来年もよろしくお願いします。

東京都議会議員選挙(総定数127)

 6月25日告示、7月4日投開票の東京都議会議員選挙(総定数127)が、行われます。
 東京都議会は、石原慎太郎から猪瀬直樹舛添要一の3代にわたって不正をただす場にならず、小池百合子知事のCSISの日本支配の最後のシナリオを演じる場に変わっています。

f:id:budou102000:20210502233254j:plain
 今回の東京都議会議員選挙は、①築地生鮮市場から豊洲新市場の移転を巡る建設費と東京ガス跡地の汚染土壌の処理、②2020年の東京オリンピックの期間延長による責任、③新銀行東京の経営破たんの責任を問う、④東京湾の海底の人工地震への対応、⑤山の手や下町、多摩、島しょ部の間の都内の財政格差、⑥都内の選挙で実施しているムサシやグローリーの不正選挙の実施をさせない、⑦新型コロナウイルス重篤化の縮小を浮かび上がらせることを問われます。
 小池百合子東京都知事の去年の7月の東京都知事選挙の2選目の背景は、①公明党の水面下の支援と②期日前投票新型コロナウイルス禍、世論調査、ムサシグローリー主導の選挙実務を含めたいかさま選挙の新たな展開、③野党共闘の主体的力量の低下の元の選挙運動。④山本太郎参議院議員野党共闘に対する選り好みに対する注文です。
 東京オリンピック新型コロナウイルステロにより来年の延長することに加わり、4月からの長期間の緊急事態措置が、経済破綻や生活環境の不安と言ったディープステートの思惑が、小池百合子東京都知事の狙いと合致しています。
 都民ファーストの反対勢力が、都議会自民党立憲民主党共産党生活者ネットワークのまとまりが困難なために国政での市民と野党との共闘を基本に各選挙区の予定候補者の絞り込みに取り組んでいます。例えば、①あえて共産党の予定候補者を立てない、②無所属の予定候補者、③選挙区の移行、④去年の東京都議会補欠選挙の経験です。

f:id:budou102000:20210522234636j:plain

f:id:budou102000:20210522234703j:plain