☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

女性の地方議員のベスト10

 春の統一自治体議員選挙や中間選挙が行われて顔ぶれが変わっています。共産党自民党大阪維新の会の女性議員が増えています。民進党(当時)や立憲民主党社民党市民運動系の女性議員が組織の衰退から激減してます。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
 ①野々上愛高槻市議(緑の党グリーンズジャパン)、②西山あさみ名古屋市議(共産党)、③飛鳥井けいこ向日市議(社民党)、④佐藤あずさ八王子市会議員(社民党)、⑤大山奈々子神奈川県議(日本共産党)、⑥倉田れいか練馬区議(無所属)、⑦伊集院春美島本町議(自民党)、⑧鈴木あやこ江東区議(立憲民主党)、⑨佐々木希河南町会議員(市民運動系無所属)、⑩市来とも子杉並区議(社民党) です。
イメージ 10
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
 女性の地方議員は、労働運動や市民運動からさまざまな分野やさまざまな年齢層から誕生しています。日本の地方議会が、3分の1以上の女性議員になれば永久就職としての地方議員から脱皮できると感じます。
 しかし、ユダヤマフィアによる(ニューコート帝国、ハザールマフィアを含む)支配が、国政選挙だけでなく地方自治体議員選挙に波及しています。ユダヤマフィアの日本支配に同調しない女性議員が、政党所属に関係なく増えれば脅威になります。
イメージ 8
イメージ 9