☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開しています。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

フランス大統領選挙から見た日本の政界のずれ

 フランス大統領の決戦投票は、民族保守のマリーヌ ルペンと新自由社会派のエマニュエル マグロンが競います。これは、ヨーロッパの1%オリガーキとオリガーキの支配を終焉する勢力の争いに収斂できます。
 日本の政党人や労働組合人、市民運動人は、ルペンが自民党日本維新の会日本のこころ減税日本の支持層と同じと答える。方や、マグロン民進党社民党みんなの党都民ファーストの支持層と同じと答える。これは、もう少し見てみると日本の政界とフランスの政界が大きく違うことがわかる。
 ルペンは、自民党日本維新の会日本のこころ減税日本と同じと言えません。共和党のフランソワ フィヨンやサルコジのタイプに近いところがこれらの政党に当てはまります。
 マグロンは、民進党みんなの党都民ファーストの要素が入っています。ロスチャイルド人脈はこれらの政党にコミットしています。社民党共産党、もロスチャイルド人脈にコミットしてします。新左翼は、ロックフェラー人脈にコミットしています。
 日本の政界は、1%オリガーキの傀儡で成り立っているので①不正選挙、②不正世論調査、③不正出口調査が実行できます。
イメージ 1