☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

イタリア総選挙の結果から日本の選挙の教訓

 イタリア総選挙が、2月24日、25日の両日上院と下院で行われました。結果は、中道左派連合が下院で多数になり、中道右派連合が上院に食い込むことになりました。キリスト教民主党イタリア社会党イタリア共産党が1990年代前半に政治のスキャンダル、冷戦体制の崩壊のあおりで解散に追い込まれました。がんばれイタリアや北部同盟等の中道右派連合が1994年の小選挙区選挙の下の総選挙で勝利を得ました。
イメージ 1
 左翼民主党イタリア社会党、イタリア再建派共産党、イタリア緑の党キリスト教民主党が最初の小選挙区選挙の教訓からオリーブの木の選挙母体を結成しました。
 現在の選挙制度は、比例代表性に代わり、中道左派連合と中道右派連合は、イタリア総選挙で①財政再建や②年金支給実施年齢の引き上げ、③地方自治体への税配分、④EUとの連携の有無、⑤雇用拡大と経済の活性化で争っています。
 イタリア総選挙の結果からの教訓は、①自民党公明党がイタリアの中道右派連合の選挙から学んでいること、②日本維新の会北部同盟五つ星運動と似通っているごと、③財政再建新自由主義手法と違った手法、④減税の行き過ぎの是正になっているごと、⑤庶民への富の再配分、⑥日本の中道左派勢力の纏まりのヒントを与えられています。
イメージ 2
イメージ 3