☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

イエス キリストの誕生とそのパートナーな不遇

 イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公けになることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した。彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使が夢に現れて言った、「ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるがよい。その胎内に宿っているものは聖霊によるのである。彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
 すべてこれらのことが起ったのは、主が預言者によって言われたことの成就するためである。すなわち、「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。これは、「神われらと共にいます」という意味である。
 ヨセフは眠りからさめた後に、主の使が命じたとおりに、マリヤを妻に迎えた。しかし、子が生れるまでは、彼女を知ることはなかった。そして、その子をイエスと名づけた。
マタイによる福音書1章18節から25節
イメージ 1
 明日から来週の日曜日までの期間にクリスマス礼拝が行われます。この期間は、洗礼を受ける人やクリスチャンから誘われてくる人、久しぶりに来訪するクリスチャンなどたくさんの方が集います。イエスの誕生は、ヨセフとマリアが婚約して結ばれる前にできました。この時代は、今のようにできちゃった婚のようなとらえた方でなく、社会のに対する犯罪者と背負わされるのです。
 イエスキリストの名は、自分の十字架を負って主に従う人の信仰によって救われる意味を示しているのです。クリスマス礼拝は、イエス キリストの名の意味を知り信仰生活の確信のあるものにする誓いのためです。