☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開しています。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

建築設計の仕事の大変さと面白さ

 私は、大学のバイト時代から建築設計の実務に携わっていました。建築設計の仕事は、残業や休日出勤、深夜勤務があって当たり前なのです。建築設計事務所は、大体9時から18時ぐらいです。中には、①9時半から17時半、②10時から18時という所もあります。
 仕事の受注先は、ゼネコンや大手設計事務所、住宅メーカー、不動産が主体です。建築設計の仕事の大変さは、残業が1日あたり3~4時間、1ヶ月では、50時間から100時間の間であります。設計事務所は、1日から2日も余計に働いているのです。この仕事は、設計の仕事が好きでなければ勤まりません。時間でピシャリと仕事する人は、会社からは煙たがられて、解雇を匂わしたりや管理職からいじめや嫌がらせを受けます。
 しかし、建築設計の仕事の面白さは、①担当された設計の仕事がユーザーや受注先から評価されたこと、②受注先から継続して仕事の依頼を受けること、③2級建築士や1級建築士としての資格試験の合格です。
 魅力ある建築設計事務所は、①設計が十分にできる納期の確保、②設計料の不当な切り下げをやめさせること、③建築基準法や同法施行令を十分に守られるようにすること、④会社に残業規制や初任給の引き上げ、⑤1級建築士や2級建築士木造建築士の受験勉強の時間の確保、⑥周辺の現場視察や建築技術の習得を尊重を取り入れることです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3