☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

日本の左翼や労働運動における潔癖さ

 私は、メイドカフェについての記事を編集するなかで、日本の左翼や労働運動の幹部や活動家が変に潔癖さや純潔性を求めていることにひらめきました。私は、学生時代から潔癖さや純潔性にいやになっていました。
 この潔癖さは、ソビエト政権の下での保健人民委員だったアレクサンドラ・コロンタイの自由恋愛論への批判から出てきたと考えられます。
 この自由恋愛論は、
 コロンタイの自由恋愛論は、いい加減な男女のセックスをすすめるのではなく、社会主義社会のもとでセクシャルな関係の変化が伴わなければ本当の女性と男性の同権の実現ができないと主張していました。ところが、世界のレーニン信望者が、コロンタイのセクシャルな見解を「性的な欲求の充足は、一杯の水を得ることと同じくらい単純でなければならない」と捻じ曲げたのです。
 コロンタイは、性の問題を深く見つめ、セクシャルな関心が飢餓と同じぐらいに自然な人間の本能によるものであることを捉え、女性の解放を実現しようとしました。 
 このことが、レーニンのコロンタイ批判で日本共産党や女性運動や新左翼の一部、社会主義協会に波及して一種の伝説を展開したのです。

 私は、メイドカフェのことで知り合いの左翼の活動家の批判に「めげずに、恐れず、ひるまず」の立場で本当のセクシャルな関係や風俗産業のあり方、メイドカフェの本質を探究していきたいと考えています。