☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

青年学生運動の組織の後退について

イメージ 1

イメージ 2

 最近の青年学生運動が、かなり後退しています。4月は、新入社員や新入学生の歓迎の時期です。民青同盟や学生自治会、生徒会が衰退しています。それは、青年学生の不満や要求の変化を捉えられずに幹部が気に入る活動に満足する保守化とサークル化、内向きになっているからです。
 民青同盟は、組織の後退と機関紙のページの減少になり、学生自治会は、役員のなり手が不在になって消滅しています。これは、青年学生の要求実現の弱さと組織の硬直化に原因になっています。
 民青新聞とわれら高校生は、青年学生の動向を見る時に読んでいます。成人式の新成人アンケートは、税金の無駄づかいや景気回復、教育の充実、環境保護が多いのです。
 先輩たちは、昔の青年学生運動の経験を長時間にわたって語ります。しかし、それは、歴史に限定された話です。青年学生の歴史観は、去年の流行りが古く感じているのです。ここに本当の変化が求めているのです。
 学生自治会は、四年生大学や短期大学に限定せずに専門学校に目を向けることです。専門学校は、施設が貧困です。ここに学生自治会の活性化のカギがあると考えます。労働組合の青年部は、レクリェーション中心から青年職員や青年労働者に視野を入れた要求の取り纏めの組織にすることです。
 青年学生運動は、当時者の予想を超える不満や要求が広がるなかで絶えず要求を元にした内容に改めるべきです。