☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

東大阪市会議員選挙の結果について

 東大阪市会議員選挙は、9月23日投開票されました。選挙は、自民党公明党、リベラル東大阪民主党部落解放同盟の中央本部派)の一部が、長尾淳三市長に対する不信任を強硬するなかで行われました。
 選挙の結果は、①日本共産党の候補者の9名の当選と②公明党の候補者の上位当選の阻止、③中核派の現職議員の落選、④新社会党市民運動系の現職議員の当選が特徴でした。
 東大阪市は、1960年代後半の市町村合併布施市河内市枚岡市)による弊害から国民健康保険料の高さの是正と市内の中小企業の倒産と振興策、同和行政の終結、在日朝鮮学校の移転問題、布施地域と河内(かわち)、枚岡(ひらおか)地域とのコミュニティバスでの交通網の確立、女性や子育ての制度の不備を抱えていました。
 住民は、選挙を通して自民党3会派と公明党による市民生活犠牲に対する批判や長尾淳三市長への不信任の強硬に対する批判、馴れ合いによる談合市政への批判、中核派の左翼空論主義への批判をしました。
 自民党公明党による右翼的な地方政治の硬直路線と中核派による左翼的な地方政治の硬直路線が、東大阪市会議員選挙で破綻しました。
 右左の地方政治の硬直化が、東大阪市の腐敗や既得利益の擁護に繋がります。日本共産党の9名の候補者の当選は、長尾淳三市長への期待の現れです。新社会党の現職議員と市民運動系の現職議員の当選は、東大阪市での日本国憲法の意義の普及と腐敗の一掃、東大阪市の情報公開の徹底、旧社会党勢力を含めた社会民主主義の勢力の形成に貢献できるきっかけを作りました。
 東大阪市会議員の結果が、東大阪市長選挙や衆議院選挙に影響を及ぼしそうです。