☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

赤旗まつりの開催までの危機感

イメージ 1

イメージ 2

 日本共産党は、赤旗まつりのチケットの売れ具合が悪いために、急遽しんぶん赤旗ニュースと言うポスターで宣伝を始めました。
 これは、首都圏域の日本共産党員や支持者に依拠したチケットの普及が上手くいかないためと党内外の赤旗まつりの開催への批判からです。水面化では、バスや新幹線、夜行特急、飛行機、フェリーでのツアーの企画が行なわれると考えられます。
 赤旗まつりの企画が、健全文化推進を追求し過ぎるために、現役の党員とりわけ青年党員や中堅党の関心を無視しています。結局は、自画自賛の儀式に変質しています。
 赤旗まつりの企画を組んだのは、団結まつり(1047人の国鉄労働者の解雇撤回のために集会)や全国労働者集会(全日建連帯関西地区生コン支部と金属機械港合同労組、千葉動労が主催の11月5日に開かれる集会)、ハンガリー事件50周年記念シンポジューム(いわなやすのりしんぶん赤旗元特派員が含む実行委員会が主催したシンポ)への参加の妨害をするためです。これは、現役の日本共産党員への脅しと締め付けを示しています。