☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、9月ごろに閉じました。ぶどう狩りは。10月1日で終えました。来年もよろしくお願いします。

共生連帯近畿主催の集会

 社民党新社会党緑の党と言ったもう一つの第三勢力の寄り集まりの運動体の共生連帯近畿主催の集会が、大阪市内の北区内で行われました。
 今日の集会は衆議院議員選挙で立憲民主党や国民民主党共産党を含めて野党共闘で行き届かないところ後押しする共同テーブルの名の運動体を近畿レベルで作るための呼びかけのためです。

f:id:budou102000:20210925204536j:plain
 集会では、①服部良一衆議院議員の共同テーブルの役割と②新社会党から山下けいき茨木市会議員の野党共闘と共同テーブルの関係を述べて頂きました。
 参加者からの要望や意見は、①20歳から40歳代の若年層の語るきっかけがつかみつらい、②若年層の会話の通訳が欲しいと思う悩み、③共生連帯近畿の事務局体制の明確化、④デジタル対応に応えられる、⑤野党共闘の立場の予定候補者に魅力がないことが出されました。
 私は、社民党野党統一候補者を後押しする市民連合の立場から日本政界のディープステートの支配にのらない立場で発言しました。
 発言の内容は、①立憲民主党や国民民主党共産党に対して嫌いなことがあれども市民連合を通じた野党共闘を追求する、②若年層が単なる社会運動を引き継ぎでなく、自分のスタンスで取り組める環境、③社民党共産党の女性の予定候補者だけでなく立憲民主党の宇都宮ゆうこ予定候補者や国民民主党のさとう由美予定候補者を含めて衆参で女性の議員の拡大をすすめる、④若年層から高齢者まで貧困と格差のない社会の実現、⑤新型コロナウイルスワクチン接種やPCR検査推進に同意せずに様々な名称の治療薬投与で重篤者を減らして不治の病にさせないことです。
 共同テーブルの呼びかけ人の作家の佐高信が急遽、大阪入りして挨拶して頂きました。
 佐高信氏は、萩原朔太郎の詩を取り上げながら、政府や省庁より権力を持っている企業社会が連合加盟の大手企業の労働組合と一緒に進めていると言及しました。
 さらに、佐高氏は企業社会の犠牲を受けている非正規労働者で成り立っている社会から抜け出せるように立憲民主党や国民民主党が言えない非正規労働者の中心の社会から脱却を参加者から共同テーブルの賛同のお願いを述べました。

f:id:budou102000:20210925204545j:plain 
 社民党公認の近畿比例区小選挙区重複で立候補予定している大椿ゆうこが参加者からの疑問や要望に応えながら、①若年層のムーブメントは参加者の方の他の場所ですでに進んでいる、②参加者が若年層に金や知恵を足しながら若年層のムーブメントの下支えをする、③社民党が困難であれども立候補のやりがいを言及した上で野党統一候補の実現のための決意表明をしました。