☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開しています。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

柏原市議会の2020年3月議会始まる

 柏原市議会の2020年第一回本会議が、2月19日に始まりました。会議は、3月24日までのほぼ一ヶ月です。
 主な議題は、①2020年度柏原市各種会計予算案と②柏原市役所新庁舎建設契約の変更、③固定資産税評価委員の選任(任期3年の引き続き)の同意、④柏原市こどもの医療費助成の条例改定、⑤柏原市手話言語条例です。固定資産税評価委員の選任の同意と全会一致で成立しました。

f:id:budou102000:20191222123123j:plain

 柏原市役所新庁舎建設契約の変更は、4,066,700,000円から4,316,365,900円に変更を提案しています。変更の理由は、①現在の現庁舎の解体時に発生するアスベスト飛散対策と②新駐車場の工事に伴う土壌汚染対策のためです。の柏原市こどもの医療費助成の条例改定は、対象の年齢が15歳までから18歳までに変わります。
 2020年度柏原市一般会計予算は、280億8961万8000円(前年度265億9793万3000円、1億4916万85000円増)の規模です。歳入の内訳は、①市民税86億63,10万円(前年度8,6億3270万円、3040万円増)、②地方交付税46億円(46億円)、③使用料及び手数料3億1442万3千円(前年度3億95,04万5千円、 8062万2千円減)、④国庫支出金41億331万3千円。(前年度39億970万1千円、1億9361万2千円増)、⑤大阪府支出金18億8780万円(16億8343万5千円、前年度2億436万5千円増)、⑥基金繰り入れ6億5700万円(3億万円、3億5700万円増、⑦諸収入14億7579万7千円(前年度15億9744万8千円、1億2165万1千円増)、⑧市債42億3820万円(前年度35億2480万円、7億1340万円増)です。
 一方、歳出の内訳は、①議会費2億5246万6千円(前年度2億6040万8千円、794万2千円減)、②総務費55億63,78万円 (前年度38億7011万5千円、16億9366万5千円像)、③民生費113億3279万4千円(前年度114億9482万9千円、1億6203万5千円減)、④衛生費22億2452万3千円(前年度21億2747万3千円、9705万円増)、⑤農林水産費1億1440万7千円(前年度9944万6千円、1496万1千円増)、⑥商工費1億1176万6千円(前年度1億970万7千円、205万9千円増)、⑦土木費25億78,13万2千円(26億1101万1千円、3287万9千円減)、⑧消防費9億4421万1千円(9億2653万9千円、1767万2千円増)、⑨教育費23億4202万1千円、2732万5千円増)、⑩公債費21億5951万8千円(前年度22億2370万9千円、 6419万1千円減)です。
 一般会計の特徴は、①新庁舎建て替えの増加の見込みや②法人住民税の増加の見込み、④職員の人件費の増加、⑤小中学校のIOT教育と冷暖房設備の充実、⑥子ども医療費助成の年齢対象の拡大による増加、⑦火葬場の設備の改修、⑧柏羽藤消防組合と柏羽藤環境次号組合の負担金の増加です。

f:id:budou102000:20191222123216j:plain

f:id:budou102000:20191222123143j:plain