☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

今年の女性アナウンサーのベスト10

 私が選んだ女子アナウンサーのベスト10は、次の通りです。今年も、放送局の編成変えや国内外の移動、育児、結婚、フリー転出などの動きが激しくなっています。ベスト10は、①佐藤良子日本テレビの他部局への移動と②小川彩佳テレビ朝日アナウンサーの退職で変更しています。
イメージ 1
イメージ 2
 ①鈴江奈々アナウンサー(日本テレビ)、②井上あさひアナウンサー(NHK)、③石本沙織アナウンサー(フジテレビ)、④畑下由佳アナウンサー(日本テレビ)、⑤林美沙希アナウンサー(テレビ朝日)、⑥西村麻子アナウンサー(毎日放送)、⑦加藤真輝子アナウンサー(テレビ朝日)、⑧高井美紀アナウンサー(毎日放送)、⑨松村正代アナウンサー(NHK)、⑩久富慶子アナウンサー(テレビ朝日)です。
イメージ 3
イメージ 4
 最近の女性アナウンサーの世代交代が激しく表れています。この動きが、①育児休暇後の復帰と②フリーの転出や③アナウンサー以外の職業、④留学、⑤専業主婦、⑥企業経営者になっています。
 アナウンサーは、休日の取得のばらつきや朝昼夜の番組の移動で大変です。そして、限られた放映時間の中で正確さが求められています。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
 リチャードコシミズやベンジャミンフルフォード、朝堂院大覚、山崎康彦は、それぞれの立場でレビ局を含めたマスコミの再編を提起しています。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
 彼女たちは、リチャードコシミズをはじめとするネットジャーナリストの活動の中で、マスコミ再編の厳しい提起の中でどのような姿勢で仕事に取り組みかにかかっています。