☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

ドイツ連邦議会議員選挙の結果、ヨーロッパの民族保守の進出

 ドイツ連邦議会議員選挙(基本定数598議席)が、9月24日に投開票しました。キリスト民主同盟(CDU)が246議席(前回311議席)から65議席に減らしたものの、アングラ メルケル首相が4期目の連立政権を担います。
イメージ 1
 ドイツ社民党(SPD)が153議席(192)から39議席に減らしました。SPDは、メルケル政権の労働者の低賃金策社会保障の大幅見直し策に反対して連立政権に加わらないことになりました。
 その他の政党の結果は、自由民主党(FDP)が、80議席(前回議席ゼロ)、左翼党(Linke)が69議席(64)、緑の党(Grune)が67議席(63)となりました。FDPが、メルケル政権の新自由経済の対策に不満な中間層の得票像になっています。
 LinkeやGruneは、①CDUに対する対決姿勢や②原発廃止の最終年限の争い、③ドイツ南部の環境対策の強化、④ドイツ東部のドイツ統合による庶民の所得の停滞、④SPD出身のゲハルト シュレーダー政権以来のの労働市場規制緩和策(低賃金労働者の増加、失業給付の大幅な見直し)や社会保障の大幅見直し(年金支給年齢の見直し、年金支給額の見直し)に対する批判の受け皿化、⑤移民受け入れによるテロ騒動の解決で微増になっています。
 ドイツのための選択肢と言う民族保守の政党が、(AFD)ドイツ政治史始まって以来94議席の確立をしました。これは、CDUとSPDのドイツの政権を担う2大政党に次ぐ議会政党に成長しました。進出の背景は、①ドイツをはじめ中東からの大量移民のトラブルや②ドイツにおける1パーセントオリガーキーの傀儡政党にないする不満です。
 ドイツ連邦議会が、前回の630議席から709議席に増えています。増えた理由は、①AFDの議会の進出と②FDPの議会の復帰です。ドイツの政治が、中道右派中道左派、新自由社会派、共産主義改革派、環境保護派の1パーセントオリガーキーの枠の争いから民族保守派も加わったドイツの1パーセントオリガーキーによる支配から抜け出すための議会闘争に変われるように見ていかなければなりません、
イメージ 2
イメージ 3