☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

台湾総統選挙とユダヤ金融のアジア戦略の狙い

 中華民国の総統選挙は、アメリカや日本、ヨーロッパのような不正選挙の実施の様相になりました。民新党は、①中国大陸から逃げた客家人(はっか人、中国大陸に住んでいるユダヤ系住民)や②ユダヤ金融から支援を受けた台湾人の連合の政党です。
イメージ 1
 国民党も同じようですが、中華民国が大陸から台湾に移って政権交代のマッチボンプを演じています。台湾総統選挙は、常にユダヤ金融の世界支配が左右する動向に晒されています。特に、①東シナ海の軍事戦略と②アジアにおける海陸一貫輸送による物流と貿易が左右されます。
 ユダヤ金融から無支援の台湾人と客家人の影響のない大陸人が、不正選挙の根絶とユダヤ金融の台湾支配から脱却できる政党や政治勢力が、国民党と民新党のマッチボンプの終焉への道に通じます。
 その政治勢力は、保守やリベラル、社会民主主義、緑、共産主義、革命的共産主義のいずれかでなく①ユダヤ金融の世界支配の言いなりにならない、②中国大陸やアジア諸国、日本、ロシアなどの近隣国との連携、③不正選挙のない民主主義のビジョンを持ち真の独立のでき得る政党の誕生が大事になっています。
イメージ 2
イメージ 3