☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開しています。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

大阪府知事選挙と大阪市長選挙の予定候補者が揃いはじめる

 大阪府知事選挙(11月5日告示、11月22日投開票)と大阪市長選挙(11月8日告示、11月22日投開票)の候補者がそろそろ出揃います。
イメージ 1       
 大阪府知事選挙の予定候補者は、松井一郎大阪府知事と栗原貴子大阪府会議員です。大阪市長選挙の予定候補者は、柳本顕大阪市会議員と吉村洋文前衆議院議員です。
 栗原貴子大阪府会議員と柳本顕大阪市会議員は、自民党籍の無所属の立場で二つの選挙に挑みます。松井一郎大阪府知事と吉村洋文前衆院議員は、大阪維新の会の公認予定候補者として二つの選挙に挑みます。
 大阪維新の会の予定候補者と対決するには、①共産党主導の革新統一主義や②隠れ左翼が主導の社会民主リベラリズムでなく、保守勢力プラス様々の勢力がアンチ大阪維新の会の主流になります。
 民主党公明党共産党社民党は、5月の大阪都設立を巡る住民投票で反対を進めてきたサポーターとしての役割を持ちます。
 共産党や明るい大阪民主府政の会、大阪市をよくする会は、早くから独自の無所属候補者を立てずに自主支援に徹することを決定しました。民主党社民党公明党も、推薦ないし自主支援の決定が早急に迫られます。
 大阪維新の会は、二つの選挙で再び大阪都設立の是非を問うようにしています。アンチ大阪維新の会の勢力は、①大阪都設立の是非を断念させること、②冷え込んだ大阪の経済の引き上げ、③大阪府大阪市の運営の混乱の解決で一致しています。
 安全保障関連法の態度や安倍政権の評価の違いが、アンチ大阪維新の会の間で抱えていています。しかし、選挙の前後の間は、必ず態度を保留できるようにします。
 大阪都設立の是非を巡る住民投票に関わった勢力の中には、安全保障関連法の態度や安倍政権の評価ついての拘りを持っています。そのような拘りを持っている方々は、候補者の政治活動や選挙活動の邪魔をしないように私なりに要望します。
 民主党公明党共産党社民党を含むアンチ大阪維新の会の勢力は、大阪市大阪府堺市の連携強化のために二つの選挙の勝利に向けて取り組もう。
イメージ 2
イメージ 3