☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーへのマスコミとユダヤ金融と通じる研究者からのクレームキャンペーンの開始とそれへの対応

 理化学研究所小保方晴子研究ユニットリーダーが、イギリスの科学誌ネイチャーで発表されたSTAP細胞の研究成果に異議を唱える科学者やマスコミと一体となったクレームを受けていました。彼女の研究成果は、Ph5.7の弱酸性溶液に浸した白血病の阻止の因子を含んだ培地で作られたSTAP細胞を見つけました。
イメージ 1
 しかし、彼女の研究成果を嫌うユダヤ金融と通じている医療関係者や製薬関係者が論文の図表や画像の不備を論いました。マスコミは、小保方晴子氏をはじめとする理化学研究所に対して①論文の撤回を決定すること、②再実験による検証を行うことを要求しました。
 小保方氏を除く理化学研究所の役員や研究者が論文の撤回に同調しましたが、小保方晴子氏は論文の撤回を拒否して、STAP細胞の存在と異議申し立てを表明しました。
 私は、理化学研究所小保方晴子研究ユニットリーダーがマスコミによる説明責任キャンペーンやユダヤ金融によるSTAP細胞の研究成果へのクレーム攻勢に負けずに、①研究成果の論文の撤回の拒否や②研究成果の様々なクレームへの毅然とした反論を堂々と明らかにするべきです。
イメージ 2