☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーへのマスコミとユダヤ金融と通じる研究者からのクレームキャンペーン

 理化学研究所小保方晴子研究ユニットリーダーが、イギリスの科学誌ネイチャーで発表されたSTAP細胞の研究成果に異議を唱える科学者やマスコミと一体となったクレームを受けています。彼女の研究成果は、Ph5.7の弱酸性溶液に浸した白血病の阻止の因子を含んだ培地で作られたSTAP細胞を見つけました。
イメージ 1
 STAP細胞は、白血病の治療やがん治療、難病治療に応用出来る多様性細胞です。異議を唱える科学者やマスコミと一体となったクレームは、ユダヤ金融に通じる製薬会社や医療系研究者が新たながん対策や新たな難病対策の広がりを恐れたためです。
 荒田吉明大阪大学名誉教授も2008年の5月にパラジウム重水素を融合してエネルギーを放出する性質を持った固体核融合の実験を成功させました。荒田荒田吉明大阪大学名誉教授の研究成果がリチャード コシミズから紹介されたために科学者やマスコミから研究成果と賛同者募集を妨害されました。
イメージ 2
 私は、理化学研究所小保方晴子研究ユニットリーダーがマスコミによる説明責任キャンペーンやユダヤ金融によるSTAP細胞の研究成果へのクレーム攻勢に負けずに、①研究成果の論文の撤回の拒否や②研究成果の様々なクレームへの毅然とした反論を堂々と明らかにするべきです。