☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

最近の建築・土木の女性の進出について

 建築関連の仕事に携わる女性は、意匠設計や構造設計、インテリアだけでなく施工管理や施工図作成、建設職人の分野に関わるようになっています。また、土木関連では、民間や公務の土木設計や施工管理、検査、積算の分野にもかかわる様になっています。
イメージ 1
 建築関連や土木関連の仕事は、男性中心の職場なので汚い、荒っぽいですが、女性が工事現場に関わると①簡易トイレの分別や②工事のチェックが細かいところまで行き届く、③工事の際のユニフォームを常に清潔に保つことが可能になります。
 これらの仕事は、根気が要るだけでなく、残業が毎日行われること、仕事に責任感を持つことです。それは、先輩からのアドバイスや図面のチェック、工事が図面と仕様書通りに出来ていることなど責任感を持っています。建築設計や建築の施工管理、土木設計、土木の施工管理に携わる人は、①50歳代から70歳代のベテランが中心になっていることと②20歳代から30歳代の若年層の手薄さが中心になっています。企業は、採用時に2級建築士や1級建築士、建築施工管理者の所持者だけでなく将来の技術者の確保のために思い切って新規採用を見つけたいようです。
 建築技術者や土木技術者が、①安全第一の建築物の実現、②住み心地の追求、③技術者の後継者の育成、④建築や土木の教育のカリキュラムの充実、④建築労働や土木労働の条件の向上、⑥設計から工事、メンテナンスに至るまでのチェック機能の確立を率先して取り組むべきです。
イメージ 2
イメージ 3