☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

参議院選挙後の動向と野党のばらつき

 参議院選挙が終わり、その後の地方自治体の中間選挙が行われる中で野党のバラつきや日本共産党の動向、社民党の動向、日本維新の会の行く末が見えてきます。
イメージ 1
 野党のバラつきは、去年の12月の衆議院選挙と先月の参議院選挙に現れました。日本維新の会みんなの党が野党に位置しているので止むをえません。しかし、社民党日本共産党小沢一郎亀井静香の関係から距離を離しています。
 その理由は、①タカ派政治家と言う左翼からの評判や②ユダヤ金融の日本支配の不理解、③ユダヤ金融の工作員・協力者からの異論からです。日本共産党の野党分断は、大昔から指摘されています。自分さえ良ければ良いと言う党派体質は、自民党政治の横暴と政治不信の増長になります。
 そして、私は、社民党の全国連合の党首選びについてあまり関心ありません。それは、①今までの社民党が実践した選挙の戦略の総括、②住民との絆(近所づきあいや世話役、仕事の人間関係の悩み)の検証、③社会民主主義の意味が形式でなく自分の言葉で語られていたのか、④連合加盟の組合だけでなく、全労協、無所属、全労連の中での立ち位置、⑤市民運動が従来型の延長になっていたのかです。
 ユダヤ金融が気に入る選挙活動や政策をする人たちは、残念ながら日本共産党社民党日本維新の会みんなの党公明党自民党です。日本の主要な政党の選挙活動や政策は、残念ながらユダヤ金融の日本支配の手のひらにのせられた動きに入ります。
 生活の党やみどりの風は、ユダヤ金融から嫌われていたので改選議席ゼロに陥れられたのです。日本共産党は、ユダヤ金融から嫌われていないので議席が伸びています。ユダヤ金融は、自民党公明党日本共産党が維持している方が日本支配をしやすい。まずは、国会での野党間の個別課題での協力を通じて、野党のバラつきをなくす努力が大事です。バラつきのなくす努力が第3の政権交代の流れを作り出されます。
イメージ 2
イメージ 3