☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

羽曳野(はびきの)市長選挙が始まる

 今年の羽曳野市長選挙と羽曳野市会議員補欠選挙が6月24日告示、7月1日投開票で行われます。市長選挙の予定候補者は、北川嗣雄市長(自民党民主党、連合大阪、公明党社民党の推薦予定)と麻野佳秀現羽曳野市職員(大阪維新の会)、宇山鉄雄元羽曳野市職員(共産党推薦)です。
イメージ 1 去年の大阪府会議員や大阪府知事選挙での大阪維新の会の進出は、羽曳野市の保守勢力の再編や同和住宅の廃止への促進、解放会館などの同和関連の施設の廃止、大阪維新の会による差別助長の姿勢、同和地域と一般地域との確執が強まります。橋下徹大阪市長が唱える大阪都構想は、大阪の地方自治体の格差の拡大と首都移転、省庁移転・分散を進めるためです。大阪都構想は、住民の間での人権が損なわれる懸念を持たれています。
 今回の市長選挙は、①国民健康保険介護保険の料金の軽減や②中学校給食の導入の是非、③大阪維新の会南河内(みなみかわち)での影響力のくい止め、④古市・百舌鳥古墳群での世界遺産の正式登録の是非、⑤東北地方の地震による瓦礫の柏羽藤(かしわふじ)クリーンセンターでの焼却の是非、⑥市の無理な財政再建、⑦ぶどうや食肉加工のブランド化、⑧古市駅前、高鷲駅前、恵我之荘駅前の商店、中小工業などの独自の経済活性化、⑧全住民を対象にした生活実態にもとずく住民のサービスの充実です。
 羽曳野市は、古墳群が多いことや同和地域における牛肉加工や鶏肉加工、ホルモン処理、さいぼし、ハム加工が主流になっています。しかし、マイノリティー支配が終焉になっても大阪維新の会羽曳野市への進出は、住民の不満が地方政治の不要と橋下徹大阪市長が提案する大阪都の実現のための地方自治法改定につながります。選挙の結果が、国政や大阪府政、河内地域の地方政治に影響を得そうです。
イメージ 2
イメージ 3