☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

2010年度予算の成立について

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 2010年度予算が、3月24日の参議院本会議で民主党社民党国民新党の連立与党などの賛成で可決・成立しました。今回の予算は、子ども手当や高校の授業料の無償化、診療報酬のなど微増などの政策の実現や景気対策社会保障費の増加などに伴って、一般会計の総額が92兆2992億円で過去最大となっています。
 歳入は、デフレ経済の下で37兆3960億円に落ち込む見通しです。特別会計埋蔵金の取り崩しが、10兆6002億円の確保をしましたが、国債発行額が、過去最高の44兆3030億円に膨らみます。
 国債発行の増加は、自民党政権下での新自由主義の経済政策で大手企業の内部留保を温存したことや労働者の賃金のカット、失業者の増大が国の歳入の見込みを狂わせたからです。
 鳩山政権下の予算の成立は、①住民の生活の再建と②地方自治体の疲弊からの脱却、③予算の無駄の検証、④教育の再生に向けてのきっかけになります。
 私は自民党政権の終焉を体験できる年月が長きにわたると予想していました。この終焉は、後輩たちが引き継ぐと感じていました。新しい政権の下の予算の成立の経験は、私の政治活動の中で画期的な出来事です。
 社民党が連立与党の中で民主党ができない雇用や農業、米軍基地の整理・縮小、原子力に頼らないエネルギー政策などで政策実現に向けて取り組めるよう、私は、地域で連立与党の実績と鳩山政権の支える立場から社民党の組織の強化を進めていきます。