☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

土曜議会について

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 全国の地方自治体の議会の間には、2月議会ないし3月議会で土曜に本会議を開いています。土曜議会は、住民が本会議の質問をわかるようするためです。この時の議会は、①次年度の予算の収支のチェックと②首長の施政方針、③各課の議案を審議されます。地方議会は、予算や議案の執行権を持っています。首長と議会との齟齬も起こります。
 藤井寺市議会は、3月6日に土曜議会を開きました。藤井寺市は、景気の悪さで法人向けの市民税の納入の激変や個人市民税の納入の落ち込みで歳入の額を少なくなり、生活保護での歳出の増加になっています。藤井寺市大阪府の関西州を前提にした近隣市との合併を迫れています。柏原市と羽曳野(はびきの)市との合併も迫られています。削減すべき予算は、必要のない土木工事や建築工事、各種の市公認の市民団体への補助を大幅に削るべきです。
 藤井寺市をはじめとする地方自治体は、市民に我慢を強いる自己負担の名の住民税や国民健康保険料、介護保険料、使用料の引き上げによる収入の増加や、住民にとって必要な事業の縮小の名の支出の縮小をすすめています。これは、国の三位一体改革の名の地方交付税の削減や大企業も法人住民税の負担の優遇、高所得者に対する住民税の負担への強化の取り組みの弱さ、土木工事での地方債のウエイトの高さが原因です。
 関西州をはじめとする道州制は、財政赤字の原因を覆い隠して、住民の自治体へのサービス低下や自治体労働者へのリストラを強いるためです。これは、国鉄の分割・民営化に匹敵します。地方自治体の財政赤字は、まさに地方におけるユダヤ金融の支配の網の目に掛かっているのです。
 地方自治体の議員は、単なる予算や議案の形式的なチェックや費用対効果でなく、一つ一つの予算の収支や議案について厳密なチェックと質問を行い、首長や各課の理事によるユダヤ金融支配の手先の体制を崩すために全力を尽くすべきです。
 土曜議会は、住民に予算のチェックを示して、ユダヤ金融支配における地方自治体の解体を食い止める役割を果たすと感じています。