☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

東京都議会議員選挙の結果について

イメージ 1

 東京都議会議員選挙が、7月12日投開票されました。自民党が48から38議席に減り、民主党が34議席から54議席に大幅増になりました。公明党が、23議席の現状維持になりました。日本共産党が、13議席から8議席に減り、生活者ネットワークが、4議席から2議席に減りました。
イメージ 2

 民主党は、オリンピック誘致と新銀行東京の設立に賛成したことを隠して、新銀行東京の経営責任の追及や築地市場の移転反対の姿勢に転換せざるを得ない所まで追い詰められました。
 住民は、石原慎太郎都知事の悪政を進めている張本人の自民党公明党に批判を下したのです。千代田区中央区民主党の候補者が自民党の長年の議席確保を止めさせたことは、定数1でも自民党を下せる経験を生み出しました。
 日本共産党は、自民党公明党による石原都政批判を強調するより、民主党の中の反石原勢力の分岐を無視した自民党公明党民主党への批判が住民の批判に応えていないために議席の増加に繋がりませんでした。生活者ネットワークは、民主党議席の増加で減りましたが世田谷区と北多摩2(国立市国分寺市)で議席を確保しました。
イメージ 3

 今回の選挙の結果は、①オリンピックの誘致の多額の税金の使われ方への不安や②新銀行東京の膨大な債権による経営の責任、③築地市場の移転反対が住民の批判になっています。住民が、自民党公明党による東京都政の改革を求めているのです。
 民主党が、石原都知事との対決姿勢を保てないことや低所得者に冷たい態度で臨むれば、住民は、必ず本当の石原都知事と対抗できる党派を模索しながら選び出します。日本共産党社民党生活者ネットワークが民主党の不甲斐ないさにたいしての組織化と世論形成を進めるべきです。
 市民自治の福士敬子候補や生活者ネットワークの山内玲子候補の当選は、自民党公明党民主党による大政翼賛会的な議会運営をチェックする役割を持っています。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


くまき美奈子東京都議会議員

【都議選へ】福祉とくらし、教育まもる都政を板橋から ふるだて和憲

参議院議員蓮舫からの応援メッセージ

山内れい子決意表明