☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

レーニンの何をなすべきか(載録)

 私は、学生時代からレーニンの「何をなすべきか」を読んでいました。この本は、本書は、1902年に刊行されました。
 レーニンは、ロシア人民の間で労働組合運動(非合法活動)やツァーリ打倒の運動が高揚していました。それらの運動が、自然発生的に生まれていました。ロシア社会民主労働党は、そのたたかいの先頭に立っていませんでした。党内は、労働組合の活動だけに終始する経済主義やツァーリー打倒を少数者だけで行おうするテロリズムが発生しました。
 レーニンは、これらの誤りを正すために科学的社会主義の思想を人民の中に持ち込み、労働者の中に革命思想を確立をし、労働者の中に資本やツァーリーの矛盾を暴露するためのビラやリーフレットだけでなく、労働者政党の確立のための全国的政治新聞の発行と普及網の確立を明らかにしました。
 レーニンは、「革命的理論なくして革命的運動もありえない。流行の日和見主義の説教に、実践活動のもっとも狭い熱中が表裏ともなっているような時代には、どれほど強くこの思想を主張してもたりないのである」と階級闘争は、科学的社会主義の理論に立脚をした戦術・戦略を立てることが大事です。レーニンは、エンゲルスが「ドイツ農民戦争」序文を引用して「ドイツの労働者が自分の有利な点を、たぐいまれな理解力をもって利用したことをみとめてやらなければならない。労働運動が生まれて以来ここにはじめて、闘争は三つの方面――理論的方面、政治的方面、実際的―経済的方向(資本家に対する反抗)――にわたって、調和と連関をもちつつ、計画的におこなわれている。このいわば集中された攻撃にこそ、ドイツの運動の強さと不敗の力があるのである。」と階級闘争の経済と政治、理論の調和の取れたたたかいが階級闘争の成功に導きことを明らかにしています。

レーニンは、科学的社会主義者は、労働者大衆の護民官である、と強調しています。護民官というのは、古代ローマで平民の権利の保護者として、平民によって選挙された大官のことです。つまり、科学敵社会主義者が、労働者の利益にとどまらず階級的利益をまもってたたかう社会主義者のことであり、大衆の自然発生的意識を社会主義的意識に引きあげるためにねばり強く大衆の中でたたかい抜く献身性や不屈性をミッションとして明らかにしました。
 レーニンは、労働者大衆に政治意識の引き上げのための全国的政治新聞を「全ロシアにわたって統合され、生活のいっさいの側面を解明する、もっとも広範な大衆を対象とした政治的煽動の活動である――そしてこれは、全国的政治新聞なしには不可能である。」と情勢か困難な時でも革命運動を長期的かつ俊敏に進められる準備のため革命的ジャーナリズムの確立を明らかにしています。
 私は、労働運動や市民運動、政治活動、組織拡大などを系統的にすすめるためこと、そして単なる動員やカンパニアに流されないために読んでいます。