☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

国民投票法案と教育基本法改悪

 国民投票法案と教育基本法改悪は、自民党公明党の与党が国会に提出をしました。国民投票法案は、今月の26日に提出されました。この法案の内容は、~挙権は、20歳以上の日本人、白票は無効票として、改憲案の承認に必要な有効投票数が過半数以上、8?外?箒軌?旅駝嬰衂舎,糧紳弍親阿龍愡澆犯蛎У定を盛り込んでします。民主党は、与党案の対案として憲法改悪について国民投票の選挙権を18歳以上にし、それ以外の国民投票の選挙権を16歳以上にしています。
 与党案と民主党案は、日本国憲法第9条の改悪をしやすくすることと憲法改悪運動への制限を加えています。私たちは、国民投票法案の廃案にむけて職場や地域、学園での運動を強化することです。
 教育基本法改悪は、与党が今月の16日に提出されました。与党が日本での社会問題の増発や学校での荒廃、学力不足、愛国心の昂揚を理由にして学校現場でのこどもと教師への競争原理と管理主義の押し付けをすすめるためです。
 改悪の内容は、,海匹發燭舛悗凌由雰狙から政府が気に入る愛国心を持った人格形成、∪府が学校での授業のカリキュラム編成での介入、3惺燦従譴任瞭釮隆檗Ψが代の強制です。
 民主党は、与党案の廃案を求めていますが、憲法改悪とリンクした修正案を提出しようとしています。
 私たちは、所属の違いを超えた教職員組合との共闘を軸として、父母や市民を巻き込んだ改悪案撤回までたたかうことです。