☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開しています。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

玉造順一茨城県会議員の誕生と立憲民主党の動向、社民党の来年の統一自治体議員選挙の絞込み

 私は、久しぶりに茨城県会議員に当選した立憲民主党公認候補の玉造順一元水戸市会議員と電話対話をしました。玉造氏が選挙中の選挙活動の声の荒れに関わらず、電話対話に応じたことは、社民党から立憲民主党に移行した決意の表れです。
 社民党内には立憲民主党不信論があります。それは、①立憲パートナーズの組織性がないこと、②党員とパートナーズの規約上の曖昧さです。個別政策の違いは、日本国憲法の扱いや原発再稼働、労働者対策、社会保障とあります。
 社民党中間選挙や来年の統一自治体議員選挙の候補者選びは、増やすどころか公認候補者の絞り込みが優先しています。石川大我豊島区会議員が公認候補者に選ばれずに社民党の離党後に立憲民主党の公認候補者になっています。
 反面、佐藤あずさ八王子市会議員が支援者の中のコミュニケーションの不能から来年の八王子市会議員選挙に不出馬の宣言は、選挙対策者の議論、意思統一、実行の継続の問題を解決できない表れです。
 来年の統一自治体議員選挙の支援は、社民党に限らずに大阪維新の会の反対勢力の予定候補者や野党共闘の立場の予定候補者に行います。
イメージ 1