☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

松原市会議員選挙の結果

 松原市会議員選挙(定数18)が8月27日告示、9月2日投開票で行われました。立候補者が合計23人です。立候補者の内訳は、自民党4名と公明党4名、共産党4名、大阪維新の会3名、立憲民主党1名、無所属7名です。
イメージ 1
 当選者は、自民党4名と公明党4名、共産党4名、大阪維新の会3名、立憲民主党1名、無所属2名と①大阪維新の会の3名上位当選、②自民党4名確保、③公明党の4名上位当選、④立憲民主党の大阪を含む近畿ブロックの初当選、⑤共産党の中位から下位当選になりました。
 自民党公明党共産党立憲民主党は、国会議員や地方自治体議員、予定候補者が松原市で街頭宣伝や個人演説会に参加しました。
 松原市は、地方自治体に共通している①人口減少による財政難や②教育福祉の不十分さに加えて、③西日本高速道路のインフラ整備中心による生活中心のインフラの貧弱さ、④地元中小企業の振興の弱さが目立ちます。
 1パーセントオリガーキ(ユダヤマフィア、ハザールマフィア、ニューコート帝国)の支配が、①人口削減や②外資による住民の資産の盗み取り、③輸入食品の健康被害を引き起こしてます。
 これは、自民党公明党の中心の市政運営だけでなく、大阪維新の会立憲民主党も加わるトラスト体制に住民の施策の不十分を増しています。
 松原市会議員選挙の結果は、①自民党を含めた反大阪維新の会反対勢力の結束の妥当性や②個別の違いを置いた松原市を含む衆議院大阪15小選挙区での野党共闘の実現、③1パーセントオリガーキ(ユダヤマフィア、ハザールマフィア、ニューコート帝国)の支配に従わない松原市議会の姿勢を問われています。
イメージ 2
イメージ 3