☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

チリの闘い第2部と第3部を見る

 私は、大阪市内の西区のシネヌーボでチリの闘いの第2部のクーデターと第3部の民衆の力を見ました。第二部のクーデターは、チリ軍内の反サルバドール アジェンデ政権の軍族がユダヤ金融の指示と援助でクーデターを引き起こす内情を描きました。
イメージ 1
 クーデターに抵抗するビジョンが、チリ社会党やチリ共産党、人民統一行動、左翼革命運動の左翼勢力の間で違ってきました。チリ社会党や人民統一行動は、クーデターに対する武装による対抗を明らかにしました。チリ共産党は、野党のキリスト教民主党の共闘で平和的なクーデターの対抗を示しました。左翼革命運動は、合法闘争を重視しつつ労働者主体の武装革命でクーデターの対抗を示しました。
 チリ社会党は、現在社会民主主義の政党になっていますが、アジェンデ時代にはフィデル カストロキューバ共産党の画像入りのポスターを掲げるほど武装革命やぶさかでないようでした。これは、人民統一行動、左翼革命運動と競い合いました。
 チリ共産党は、平和革命による社会主義革命を党是にしていました。チリ共産党が元々マルクスエンゲルスレーニンスターリンを基本にしています。
 このような違いが鮮明にしすぎるとチリ軍内の反乱に対するビジョンを示されないまま、不意打ちに会いました。アウグスト ピノチェットが企てた大統領就任のための軍事クーデターは、サルバドール アジェンデに気づかれずに左翼連合内の足並みの違い、反対勢力の動向を見ながら準備されて、1973年から1989年までチリ上下院議会の休会、反対勢力の弾圧を進めてきました。
 第3部の民衆の力は、第1部のブルジョアジーの叛乱と第2部のクーデターの状況とダブりながら、チリの民衆や左翼連合が企業の労働者管理、農民の土地管理、市民のマーケティング管理を繰り広げました。これは、チリ上下院における野党勢力過半数越えの困難にめげず、ブルジョアジーの生産活動の停止や流通活動の停滞、マーケティングの停滞に対抗する団結体の現れです。
 チリの民衆や左翼連合の姿勢は、亡命者や死亡者、行方不明者を伴いながら1989年のアウグスト ピノチェット政権の倒壊に導くようになった。