☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

夏の地方自治体議員の中間選挙

 夏の地方自治体議員の中間選挙は、相変わらず①地元優先に特化した候補者や②福祉や教育、農業などの改良を重点に置いた候補者、③地方自治体の情報公開、④議員定数や報酬削減を問うようになっています。
イメージ 1
 これらの選挙は、国政選挙と同じように、不正選挙によってユダヤ金融の日本支配のために代弁できる議員の当選で成り立っています。
 不正選挙の例は、①ムサシの票数読み取り機や②町の支配者による票の分配がです。①ユダヤ金融の日本支配の撤廃や②不正選挙の中止を公約している候補者は、皆無です。そして、①地方自治体議員の歳費の使途や②政務活動費の使途の徹底した情報公開や③政務活動費の抜本的改革が地方自治体の議会に問われています。
 日本の政党が、①ユダヤ金融との関係を持っていること、②地方自治体議員の歳費の使途を明らかにしない、③庶民に都合良いことだけチョイスしています。
 私は、①○○党だから情報公開をしていると思うから○○候補者に投票する、②○○党だから仕方がなく○○候補者に投票する、③日頃の付き合いだから○○候補者に投票すると言った党派第一、利益誘導型選挙で地方自治体の民主主義の危機に直面します。地方自治体議員選挙の候補者がこれらの問題を正さなければ示さなければ、有権者がますます地方自治体の間に垣根を築かれます。
イメージ 2
イメージ 3