☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

大阪府知事選挙と大阪市長選挙のこれからの取り組み

 11月10 日告示・11月27日投開票の大阪府知事選挙と同月13日告示・同月27日投開票の大阪市長選挙は、まさに大阪維新の会の候補者と民主党自民党が中心の候補者が大阪都構想の是非をめぐって争う全国的な意義と進路を問われています。
 大阪府知事選挙の候補者は、松井一郎大阪府会議員(大阪維新の会推薦)と倉田薫池田市長民主党大阪府連、自民党大阪府連支援、公明党支持)、梅田章二弁護士(共産党、大阪労連推薦)の主な3氏です。大阪市長選挙は、平松邦夫大阪市長民主党自民党公明党支援)と橋下徹大阪府知事大阪維新の会推薦)、渡司考一前大阪市会議員(共産党、大阪労連推薦)です。
イメージ 1
 橋下氏や松井氏は、①大阪市を解体して大阪府大阪都に編成すること、②堺市をはじめとする自治体の広域の合併、③橋下氏の関西州設立における酋長をもくろんでいます。関西州は、大阪や京都、兵庫、滋賀、和歌山、奈良のそれぞれの県を統合して①強権的な自治体の確立と②関西国際空港の米軍・自衛隊・民間の共用使用、③大型の公共事業の新たな再編です。
 大阪維新の会は、二つの選挙を行う中で①自民党民主党公明党内の橋下派の取り込み、②関西財界内の橋下派の取り込み、③共産党や大阪労連を含む明るい大阪民主府政の会の候補者への票の増大の誘いこみ、④大阪市職員や大阪府職員への徹底した労務管理、⑤メディアに弱い大阪の住民のB層拡大を戦略として展開すると予想されます。
 大阪維新の会からの候補者に勝てる候補者は、①大阪の民主主義の危機を救うことと②大阪での裏社会の支配の阻止、③大阪の地方自治の確立、④大阪の庶民の生活水準の底上げ、⑤大阪府内や大阪市内のB層住民の意識の底上げ、⑥大阪湾の海底における人工地震による経済テロに惑わされないこと、⑦大阪の医療・福祉の水準の向上、⑧大阪の教育と文化の予算の拡大を実現できるビジョンを持つことです。私は、今回のダブル選挙で倉田薫池田市長平松邦夫大阪市長以外にないと考えています。
 梅田章二氏と渡司考一氏は、大阪維新の会の候補者に勝てる展望が無く、①共産党や大阪労連、民商、新婦人、生活と健康を守る会などの革新統一主義に賛同する基礎票の対象になっていること、②2氏の票が予想より伸びると大阪維新の会の候補者の当選ライノに近づく役割を果たすことです。共産党推薦の候補者の当選は、ほとんどの政党や会派の問題が噴出ないし止む止まれぬ住民から大阪の地方自治体の改革の機運が無ければ困難です。
 私は、大阪府知事選挙と大阪市長選挙において①反橋下と反大阪維新の会でよりましな大阪を目指すと②大阪都実現の阻止、③教育基本条例や職員基本条例の廃案で教職員や府職員への強権支配の脱却、④大阪の庶民の懐を暖かくする大阪経済の再建、⑤大阪の教育や医療、福祉の予算のアップができるように可能な限り倉田薫池田市長平松邦夫大阪市長の当選に向けて取り組みをしていきます。
イメージ 2
イメージ 3