☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

クリスチャンのピンチからチャンスへ

 時がたって、クシュ人ゼラフが、百万の軍勢と三百台の戦車を率いて、彼らに向かって出陣し、マレシャにまで寄せて来た。 そこで、アサは彼に対抗して出陣し、マレシャにあるツェファテの谷で戦いの備えをした。
 アサはその神、主に叫び求めて言った。「主よ。力の強い者を助けるのも、力のない者を助けるのも、あなたにあっては変わりはありません。私たちの神、主よ。私たちを助けてください。私たちはあなたに拠り頼み、御名によってこの大軍に当たります。主よ。あなたは私たちの神です。人間にすぎない者に、あなたに並ぶようなことはできないようにしてください。」主はアサの前とユダの前に、クシュ人を打ち破られたので、クシュ人は逃げ去った。
 アサおよび彼とともにいた民は、彼らをゲラルまで追いつめた。クシュ人は倒れ、生きている者はなかった。主の前、その宿営の前に、打ち砕かれたからである。そこで、彼らは非常に多くの分捕り物を持ち帰った。さらに、彼らはゲラル周辺のすべての町々を攻め打った。主の恐れが彼らに臨んだからである。そこで、彼らはすべての町々をかすめ奪った。その中には多くの獲物があったからである。また、彼らは家畜の天幕も打ち、多くの羊とらくだを奪い去って、エルサレムに帰って来た。
歴代誌下 14章9節から15節
イメージ 1
 イスラエルが北と南に分裂している中で南の支配王のアビアの子弟のアサは、旧約の神を信じて悪事を行いませんでした。アラビア人のセラが大軍を率いて来ました。
 アビアは、ツェファテの谷で対抗するための戦争の準備をしていました。アビアは、戦争の前に神に祈りセラが率いる大軍に勝てるように必死に祈ったのです。その祈りが、劣勢から優勢に導いたのです。
 私の知り合いのクリスチャンが、去年の夏に交通事故に遭いました。加害者は、自動車の運転の際に自動車保険に加入していなかったのです。加害者が代理人の弁護士を通じて自己破産の内容証明を送りつけたのです。知り合いは、自暴自棄になり部屋での引きこもりや無気力になっています。私は、無気力にならずに加害者にきっちりとした落とし前をつけれるように弁護士と対策を講じるように進言しました。
 知り合いは、礼拝に説教を聴いているだけや交わりに出席しているだけの信仰に深みを持っていません。信仰に深みをもっていないことは。アビアのような主の御心にかなうこと、主に求める姿勢が欠けているのです。自身の無力さを知るには、やはり神の愛と信仰、希望を持った祈りなのです。