☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

建築構造の塑性段階と終局段階の設計・検討

 建築構造設計の計算は、弾性域での柱や梁、耐力壁、ブレースなどの躯体の強度検討から塑性段階と終局段階の設計・検討を行います。建築構造設計の実務者は、1981年の構造設計の基準を経て実務の多さから構造計算結果の部材の大きさの検討、計算結果の基づいた構造図の作成の指示、構造図作成者との密な連携などこれからの技術者の育成と後継者の育成が問われています。
 建築構造の塑性段階と終局段階の設計・検討は、躯体の変形が戻らない状態や躯体の崩壊の状態の中で限界までの安全性の確保のためです。そのためには、建築構造用の建材の強度の向上と品質管理の確保、建築構造計算の安全性のチェックできるプログラムの確立が大事です。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3