☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

今年最後の国会

イメージ 1

イメージ 2

 国会は、11月30日に会期を終える予定でしたが、肝炎基本対策法案と中小企業金融円滑化法案(モラトリアム法案)、郵政見直し関連法案の採決を優先するために12月4日まで延長になりました。肝炎基本対策法案は、11月30日に参議院本会議で自民党の欠席で与野党の全会一致で可決・成立しました。自民党公明党改革クラブみんなの党が、鳩山首相の政治献金での集中審議を前提にした会期延長を主張していますが、中小企業金融円滑化法案(モラトリアム法案)や郵政見直し関連法案の採決を巡って欠席で足並みをそろえています。民主党社民党共産党などが参議院での可決・成立にのぞみます。
 自民党公明党は、鳩山首相小沢一郎民主党幹事長の政治資金の問題の審議を前提にして各法案の審議や採決のサボタージュをし続けています。これは、前政権で齎した無駄な予算(土木、建築、米軍関連、政府開発援助など)や特別会計の溜め込みが住民に悟られることをかわすためです。
 鳩山由紀夫政権は、来年度の予算の見直しのための事業仕分けのチームを立ち上げて、事業の廃止や見直し、自治体への移行、民間への移行の査定をしました。事業仕分けの結果は、1兆9千億円の削減の見通しを付けました。事業仕分けの結果に基づいて来年度の予算の額が決定します。
 岡田克也外務大臣が、今年中に沖縄本島北部の辺野古沖への米軍基地移転から普天間基地と嘉手納基地の統合で誤魔化そうとしています。岡田外相の統合案は、日米安保条約日米地位協定を守るためです。岡田外相は、11月8日の沖縄県民大会の成功や来年1月の名護市長選挙の結果を判断して統合案の撤回と米軍基地の県外・国外移設に切り替えるべきです。
 薬害肝炎患者の救済を目的とした肝炎対策基本法案については、元薬害肝炎九州訴訟原告の民主党福田衣里子衆院議員が小沢一郎幹事長と会談して、全会一致を前提に与野党間の協議で成立を目指していました。自民党の採決での欠席は、肝炎患者の救済と医療体制、予算の確立を真剣に取り組まない現われです。
イメージ 3

 民主党などの与党は、自民党公明党の議会へのサボタージュや議事進行の妨害を跳ね除け、鳩山首相小沢一郎民主党幹事長の政治資金の問題を利用した攻撃をかわし、インフルエンザ対策法案や中小企業金融円滑化法案、郵政見直し関連法案の今国会の成立に全力を挙げるべきです。
 来年は、①2010年の参議院選挙、②沖縄県知事選挙、③名護市長選挙、④官僚を排除した来年度予算の決定に向けて体制の強化と選挙の準備に取り組むべきです。