☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

東京行き

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 私は、15日から16日にかけて東京に行きます。本当は、8日と9日の赤旗まつりに参加の予定でしたが、衆議院選挙の関係で中止になったためにこの日になりました。
 14日の夜行バスに乗って、15日の朝には、新宿に到着します。この日は、元労働大学の専従をしていた佐藤礼次さんと会います。話の内容は、これからの労働者運動のことや佐藤さんの活動内容、お互いの近況報告をしました。私は、昨日、佐藤さんに会いました。この方は、労働大学の専従を定年で辞めて元自治労の書記をしていた方と一緒に共同オフィスを運営しています。オフィスの場所は、旧日テレの近くです。話は、3時間なり、労働大学での経験や東京と大阪での学習運動の経験、テクノストレスの問題(特にサービス業での笑顔での接客がストレスの蓄積になって、うつ病が発生すること。)、憲法改悪のたたかいでの具体的な戦術の検討、全国で月刊誌の「まなぶ」の保革問わずに広がっていることなど多岐にわたりました。話は、3時間でも足りないぐらいでした。
 元労働大学の専従の佐藤礼次さんと会ったあと、午後には急遽、民主党の東京都議の大津ひろ子さんと都内で都議会に関することでお話をしました。私は、14時半に大津ひろ子東京都議と会う約束でした。ところが事務局が待ち合わせの近所の駅を間違えてしまい、15時になってしまいました。私は、大津さんの「深呼吸のできる東京」のキャッチフレーズが気に入っていました。大津さんは、白のスーツで待っていました。お話は、会場の近くで後援会のパーティーがあることなので1時間しか話せませんでした。大津さんは、初対面の人と話をするのをしない方です。私が大津さんに聞きたかったことは、―唾区内の中小企業の活性化について、⊇唾区内での公害患者の実態について、6萋發裡灰ン3やフットサルのコートの有無、ぅ疋瓮好謄ックバイオレンスの24時間相談体制とシェルター、救護施設の充実について質問をしました。
 ,砲弔い討蓮大津さんが石川島播磨重工に勤めていた経験から長年から築かれた技術を習得した職人の技術の継承ができるような支援策を考えて生きたいと語りました。△砲弔い討蓮▲肇薀奪から排出している排気ガスの除去装置の普及を進めていきたいと語りました。私は、△砲弔い特羮の運送会社が排気ガスの除去装置をつけても、どうしても経費がかかり経営難やリストラをするなども問題が生じていることを指摘しました。については、すでに東京都が渋谷にコートを設置していると語りました。い砲弔い討蓮■横柑?屬料蠱迷寮と救護施設は設置していないことを指摘しましたが、ドメスティックバイオレンスを受ける側が夫に毅然として態度で自立することが大事と語りました。
 大津さんは、キャリアウーマンでなかなかしっかりして人でなかなかのお姉さま系と感じました。ホームページの内容が更新していないことを気づいたいたようでした。大変忙しい中私のような大阪の人間に応対してくれて感謝しています。
http://www.o2net.jp/index.html
 夕方には、自由が丘で散髪をしました。散髪は、ブログで見ました。私は、店が青年層がいたのでぶどう狩りやモーニング娘、ハードロック・ヘビーメタル、子供時代の一節太郎の「浪曲子守唄」のエピソード、大阪の方言の違いなどを語りました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kaz_no1_73
 16日は、社民党全国連合から解雇された松下伸之さんと会う予定でした。話の内容は、解雇撤回のたたかいのことや全国的なネットワークの構築、これからのことなどでした。しかし、裁判の延期による打ち合わせや私と松下さんの裁判闘争の進め方、趣味や関心、左翼運動の再構築、労働運動の展開などがかなりの隔たりを感じたので会うのはキャンセルにしました。
http://www.shaminto.net/
 その埋め合わせとして第19回団結まつりに参加しました。団結まつりは、1987年の国鉄による分割・民営化での1047人の国鉄労働者の解雇撤回とJR福知山線事故の子再発防止をテーマに地域の仲間による連帯で国鉄労働運動の再構築をするためのフェスティバルです。場所は、東京都江東区亀戸8-37の亀戸中央公園B地区です。時間は、10時から15時までです。私は、団結まつりの取材をしました。国鉄労働者が、解雇撤回闘争を通じてどのような職場に強固な運動を展開していくのか、フェスティバルを通じての地域労働運動の構築は何かを知っていきたいと考えました。今日の団結まつりは、約200人ぐらいでした。開始は10時でした。終了は、15時でしたが各争議団の決意表明が長すぎたために16時になってしまいました。公園の中は、昨日と今日の雨で地面が泥のようになって歩きにくい感じがしました。
 集会は、1047人の解雇された国鉄労働者が9月に行われた東京地裁の裁判で不当労働行為があったことを認めつつも、解雇は有効というはんけつを下した中、国労や全動労、千葉動労が共同して次回の裁判で完全勝利を向けての決意を固めました。
 私は、会場で自治労墨田区役所支部が、「墨田区社民党があるのか。」と尋ねられました。墨田区には社民党の区議会がなく、地域支部は都連合が知っていると思います。
 全労協全国一般スタッフユニオン労働大学労組が、本を売っていたようですが、私が社民と知ると少しいやな顔をしていました。
 今日の集会は、国労本部が国鉄闘争を手打ちにしたい様相になり、JR総連との合同で職場に徹底した労務管理がまかり通ろうとする中で、地域との共闘で国鉄闘争を支えることを感じました。
http://www7.ocn.ne.jp/~maturi/
 16日の夜に新宿を出て、夜行バスで大阪に帰ります。