☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

私が選んだ女性アナウンサーベスト10

 私が選んだ女子アナウンサーのベスト10は、次の通りです。放送局の女性アナウンサーの編成変えや移動が激しくなっていますが。ベスト10は、ほとんど変わりません。
イメージ 1
鈴江奈々アナウンサー(日本テレビ)、②佐藤良子アナウンサー(日本テレビ)、③井上あさひアナウンサー(NHK)、④石本沙織アナウンサー(フジテレビ)、⑤小川彩佳アナウンサー(テレビ朝日)、⑥西村麻子アナウンサー(毎日放送)、⑦加藤真輝子アナウンサー(テレビ朝日)、⑧小郷知子アナウンサー(NHK)、⑨高井美紀アナウンサー(毎日放送)、⑩市川寛子アナウンサー(テレビ朝日
イメージ 3
 西村麻子毎日放送アナウンサーは、近畿向けの夜のニュースのVOICEに復帰しました。彼女の担当曜日は、木曜日と金曜日です。関西系のニュースは、大阪弁や神戸言葉、京都言葉を含めた関西の方言を交えます。
イメージ 4
イメージ 5
 最近の女性アナウンサーの世代交代が表れています。アナウンサーの移動は、記者や編集、コンテンツ、広報、著作権、アナウンサー教室の講師、支社の営業などになります。新卒のアナウンサー志望が、東京、名古屋、大阪のテレビ局や地方局、フリーランスに分かれています。アナウンサーは、休日の取得がバラバラです。そして、限られた時間の中正確さが求められています。しかもリチャードコシミズは、ネットによる情報収集が進んでいるのでテレビ局を含めたマスコミの再編を提起しています。しかし、彼女たちは、リチャードコシミズをはじめとするマスコミ再編の提起の中でどのような姿勢で仕事に取り組みかにかかっています。イメージ 6
イメージ 8
イメージ 7
イメージ 2