☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

フランス社会党の第一書記の選出選挙

 フランス社会党は、2008年11月に第一書記の選出選挙が行われました。フランス社会党の第一書記は、党首と同等なのです。
 立候補は、セゴレーヌ ロワイヤル元大統領候補とマルティーヌ オブリー元リール市長が名乗りを上げました。当選は、マルティーヌ オブリーがセゴレーヌ ロワイヤルを僅差で破りました。
 セゴレーヌ ロワイヤルは、高負担と高福祉の北ヨーロッパ型の社会民主主義を目指しています。マルティーヌ オブリーは、レオン ブレム党首の意思を引き継ぎ週35労働時間制や雇用対策に力を入れています。
 フランス社会党は、社会民主主義派や自主管理社会主義派、マルクス主義派、混合経済派などの様々なグループが路線論争を繰り広げています。
 マルティーヌ オブリーの当選は、フランス共産党やフランス緑の党などの左翼連合と関係が注目されます。