☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

憲法擁護について。

 ぶどうBBSに憲法擁護に関する意見が書かれていたので、私は返事を書きました。内容は次の通りです。

 私の平和運動は、先輩たちが経験をした侵略戦争を2度と繰り広げてはいけないことと戦争のために軍需産業を含む全産業に従事させられた労働者が長時間・過密労働や強制労働をさせられたことからはじまりました。つまり、戦争による人間同士の殺し合いや資源の略奪、人権侵害、労働者への無権利が決して許されないことです。
 戦争を知らない世代の2世・3世の世代が、先輩たちの戦争や被爆の実相を聞いても、『うるさい。』『もう聞き飽きた。』『耳にタコができるぐらいに聞いたのでもういい。』『古臭いことを言うな。』と言って聞く気にならないようでした。この世代には、戦争や被爆の実相を伝えることをしませんでした。
 そんな人たちが、社会人になると新入社員に対して『社員教育』と証した上官による部下へのしごきにも似たいじめをしてきたのです。私も、『新人類』の世代として後輩たちに戦争や被爆の実相を伝えてこなかったことに責任を感じています。
 私の戦争に対する視点は、レーニンの『帝国主義論』です。この本では、なぜ第1次世界大戦が起こったのかを経済的側面から指摘しています。帝国主義とは、『資本主義の独占的段階』、自由競争の下での資本主義から独占資本主義の段階へと成長転化した資本主義です。
 レーニンは、5つの帝国主義の経済的な基本的標識をあげています。すなわち、\源困隼駛椶僚乎罎高度の発展段階に達して、経済生活で決定的な役割を演じている独占体をつくりだすまでになったこと。銀行資本が産業資本と融合した『金融資本』を基礎として金融寡頭制がつくりだされたこと。商品輸出とは区別される資本輸出が、とくに重要な意義をもつようになること。せ駛棆箸旅餾殕各叛蠱賃里形成されて、世界を分割していること。サ霏腓併駛楴腟僧鷆による地球の領土的分割が終っていることです。いまは、列強による領土分割はありませんが、資本の輸出や金融寡頭制、アメリカ帝国主義が繰り広げている軍事・経済同盟の強化は、レーニンの『帝国主義』の中の特徴が生きつづけられています。
 日本共産党を含む左翼勢力がレーニンの立場に立ち返るよりも、一指導者の言うこと聞いていればいいと言ったレベルの低い反戦運動になっています。
 とりあえずは、戦争の歯止めになっている日本国憲法第9条の改悪反対を取り組んで生きたい考えています。ネット右翼の方がいくら叫んでも、戦争の悲惨さを人民大衆に語っていくしかありません