☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

柏原市議会2017年度初の本会議始まる

 柏原市議会が2月16日から始まります。会期は、3月9日までです。中野隆司柏原市長がこの議会で任期を終えます。議員の数が17から15になっています。
イメージ 1
 減った内訳は、ふけ正浩と浜浦佳子の市長選挙の出馬の際に辞職せずに自動的な失職、山本のぶひろの辞職の計3名です。定数1で争われた柏原市会議員補欠選挙で当選した寺田よしひさが復帰しました。柏原市長選挙で当選したふけ正浩は、6月議会で初の議案提出にのぞみます。
 今年初めの議会は、2017年度の各種予算が骨格扱いになります。骨格扱いの各種予算は、去年度から継続的な歳出入に止めています。ふけ正浩柏原新市長の下の各種予算は、6月の議会で補正予算案として提案されます。
 2017年度一般会計予算案は、249億6848万3千円(前年度比6億586万7千円減、2.4パーセント減)です。歳入は、個人市民税が若干増やしているものの、法人市民税が減額に算入しています。これは、アメリカの経済不安に対応しています。国や大阪府からの補助金の獲得が少なく算入しています。地方債の比重が高くなっています。
 歳出は、①生活保護の民生費の減額算入や②国分寺大橋補修工事の地方債、③小学校中学校の設備工事、耐震補強工事の費用の増加、④柏原市民病院会計や上下水道企業会計国民健康保険会計への繰り入れが特徴です。
 2017年度国民健康保険事業特別予算案は、①2018年度に向けた大阪府への被保険者システム移行や②国や大阪府からの補助金の少なさを反映して算入しています。2017年柏原市民病院特別会計は、①受診減少を前提の診療報酬や②一般会計からの繰り入れ、③医療機器の購入や設備改善の費用を中心に算入しています。
 2016年度一般会計補正予算は、①柏原市会議員補欠選挙実施と②国分寺大橋補修工事、小学校中学校の設備工事、耐震補強工事のためです。柏原市会議員補欠選挙実施のための補正予算は、専決処分として986万円の計上をしています。歳入は、柏原市の雑入から算入しています。選挙費の中には①ムサシの票計数器や②期日前投票のアルバイトなどムサシ選挙用具一式が含まれています、
 国分寺大橋補修工事、小学校中学校の設備工事、耐震補強工事のための補正予算は、267億8854万6千円の計上してます。歳入は、国分寺大橋補修工事や小学校中学校の耐震補強工事への国からの補助金が妥当に乗り込まれているものの、小学校中学校の設備工事への国の補助金の獲得が少なく地方債で補っています。
 柏原市立サンヒルスポーツセンター条例案が提出されています。サンヒル柏原は、委託先が途中で撤退したために閉鎖されています。柏原市は、テニス場と屋外プールで利用者から料金を徴収や利用の内容を盛り込んでします。
 放課後児童会(学童保育の別名)の時間延長を求める決議が全会一致で成立しました。決議は前回の市議会で請願の審査を経て行わました。内容は、8時から19時までの保育時間の延長です。
イメージ 2
イメージ 3