☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

東京都知事選挙が急きょ行われる

 東京都知事選挙が7月14日告示、7月31日投開票に決定しました。今回の選挙は、舛添要一東京都知事が政治資金の記載を巡る混迷を理由の辞任を受けて行われます。舛添要一東京都知事不信任騒ぎが単なる政治資金の使途の疑惑に矮小化されていると感じさせます。
イメージ 1
 この騒ぎの背景は、①東京オリンピック誘致を巡る贈収賄や②パナマ文書の真相隠し、③参議院選挙の不正選挙の実行です。今までのユダヤ金融による東京支配が新たな段階に差し掛かっていることを示しています。
 現在の東京都議会の会派は、①東京都議会自民党、②都議会公明党、③共産党東京都議団、④都議会民進党(旧都議会民主党)、⑤民進党都議団(維新の党直系)、⑥かがやけTokyo(旧みんなの党直系)、⑦都議会生活者ネット、⑧深呼吸のできる東京民主党籍の一人会派)、⑨東京みんなの改革(旧みんなの党の一人会派)、⑩東京維新の会(おおさか維新の会の一人会派)です。
 東京都議会議員の殆どが、①ムサシの票仕分け機や票計数機による票の改ざん、②期日前投票による票の改ざんの恩恵を受けて当選しています。東京都議会議員は、殆どが不正選挙容認派であり、日本の闇に対する真相追及者に対して距離を置いています。
 ○○推薦の東京都知事誕生を!や○○党の東京都議会議員の拡大の枕詞は、ユダヤ金融の日本支配の掌の踊りにすぎません。東京都議会の会派は基本的にユダヤ金融の日本支配の内東京支配に賛同ないし反対のマッチポンプを繰り広げているに過ぎません。
 東京都知事選挙が、①与党Aチームと野党Bチームのマッチポンプに組しない、②ユダヤ金融による日本支配に同調しない、③人工地震に振り回されない、④放射線恐怖症候群に引きずられない都会議員の誕生で東京都庁汚職の伏魔殿の伝説の解消の機会を実現できるようにしよう。
イメージ 2
イメージ 3