☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

大阪の社会運動の大阪人伝説への拘り

 大阪ダブル首長選挙が終わり、大阪人は何もなかったようにしています。アンチ東京、アンチジャイアンツと豪語する大阪人スピリットは残念ながら大阪の限定ものです。
 大阪維新の会は、大阪が日本の第2の都市と称しますが①大阪経済の実情や②人口減少、③日本一の悪徳企業数の多さ、④知的レベルの低さを把握できません。他県から見た大阪人観は、意味不明と評されています。 アンチ大阪維新の会は、大阪の実情を理解しているものの大阪人の歪みを是正できるだけのビジョンの理解者が増やせていません。
 私は、大阪ナンバーワンと言う伝説を検証する時期に来ています。リチャードコシミズが大阪での隔月単位の講演会の開催は、大阪における日本の裏社会の暗躍を説きたい狙いです。
 大阪の社会運動は、左翼関係者や労働組合関係者が源流に遡って調査研究が殆どできない状況です。それは、①共産党社会党の争い、②共産党部落解放同盟の争い、③大阪総評加盟の労働組合内の争いが激烈に繰り広げたからです。例えば、共産党反共主義者と言う厳しい批判をすると、社会党、大阪総評の主流派、部落解放同盟が日共差別者と批判合戦が日常茶飯事でした。
 世界の共産党社会民主党も批判合戦をします。それは、共産党の隠れユダヤ独裁や社会民主党の隠れユダヤ政権運営の違いのみです。
 大阪の政界や労働組合界、市民運動界は、永田町発や霞ヶ関発、東京キー局発、県庁発と言ったコピーアンドペーストと一線を画する自律性とアンチ意識の高さ、おおらかさを持っています。大阪維新の会の情報操作は、橋下徹松井一郎の個人の能力でなくユダヤ金融が工作員や協力者を通じて大阪人の特質を調査研究を積み重ねた結果です。
 大阪再生は、大阪維新の会やアンチ大阪維新の会を取り巻いているユダヤ金融の日本支配の構造を拡げること、日本一多いと思われるBの覚醒を通じてのみ可能になります。
イメージ 1