☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

衆議院選挙の実施の世論

 衆議院の解散の騒動が、今週からはじまりました。次の衆議院選挙では、2012年の衆議院選挙と同様に不正選挙の実施の目処がすでにできているようです。日本の政党は、①日本が罷りなりに法治国会と言う認識と②議会の定数削減第一、③投票率アップへの拘りから不正選挙の容認派で占められています。
イメージ 1
 衆議院選挙の行われるときの姿勢は、①投票率アップキャンペーンや②期日前投票行こうキャンペーン、③出口調査の競争が行われます。日本の政党がこの様な姿勢に積極的になるつ不正選挙に関与している言わざるを得ません。
 不正選挙は、①ムサシの票計数機の有効票の改竄や②期日前投票の票の改竄を通して衆議院参議院の両院のユダヤ金融の日本支配を進めるための国会議員の誕生ないし増加を手法です。
 不正選挙の下の選挙運動は、①不正選挙に気づかせないB層の拡大、②不正選挙を告発するC層への口封じを強めます。今回の衆議院選挙は、いくら政治や経済、地方自治体、教育、福祉などのマニフェストの選挙どころか、不正選挙で選ぶ茶番劇です。
 リチャードコシミズのサポーターの方々が、日本の政党の買収や脅迫にめげず、国政選挙や地方自治体議員、首長選挙住民投票などで行われている不正選挙の告発と選挙の無効裁判に全力をあげて取り組むことでユダヤ金融の日本支配をやめさせる圧力になると私自身が感じています。
イメージ 2
イメージ 3