☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

東京都知事選挙が始まる

 東京都知事選挙が1月23日告示、2月9投開票で行われました。今回の選挙は、猪瀬直樹東京都知事が選挙収支報告書の収入の不明朗による辞職のためです。主な候補者は、舛添え要一前厚生労働大臣(自民党東京都連公明党東京都本部推薦)と宇都宮健児弁護士(社民党共産党、グリーンズジャパン推薦)、細川護煕前首相(生活の党、民主党、結いの党支持)、田母神俊雄航空自衛隊幕僚長(ミリタリズム系無所属)です。
イメージ 1
 東京都知事選挙は、首都東京がユダヤ金融の代理人の日本の裏社会によって財政を食い物にできる都知事を生み続いてきました。ユダヤ金融の日本支配を許さない都知事が誕生していないことは、東京の自治体の間の財政の格差や日本の地方自治体の衰退、外国人株主本位の経済活動、日本の海底の人工地震に見て見ぬふりをしてきました。
 私は、不十分ながら宇都宮健児弁護士を支援することになりました。宇都宮健児弁護士は、ユダヤ金融の日本支配の狙いを理解できていません。しかし私は、①東京都のオリンピック誘致に費やした不正の公表や②東京都内で選挙に使われているムサシの不正選挙の計数機の導入の経緯の調査、③東京都認可の裏社会の活動禁止、④東京電力原子力発電所の大幅な廃炉の戦略を建てられること、⑤都民の生活が第一の立場から住みやすい自治体、⑥人工地震に振り回されない防災・震災対策を進めるためです。
イメージ 2
イメージ 3