☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

柏原市会議員選挙と羽曳野市会議員選挙前の活発な動き

 柏原市会議員選挙(定数17)や羽曳野市会議員選挙(定数18)が9月1日告示、同月8日投開票で行われるために、予定候補者の事務所開きや支持者への訪問活動、市政報告の全戸配布、後援会活動の組織化の水面下の動きが活発になっています。
イメージ 1
 大阪維新の会の中野隆司柏原市長の誕生と羽曳野市議会での大阪維新の会の進出は、両市の財政赤字の原因や地場経済の落ち込みからの立ち直りに困難を持ち込んでいます。赤字の原因は、①アゼリア柏原の膨大な建設費用、②羽曳野の食肉加工関係会社自身の経営戦略への移行、③国民健康保険料の高さによる支払いの困難、④柏原市民病院の医療器具の過大な購入価格が考えられます。 高齢者や障がい者、教育向けの制度の改悪、予算削減、大阪水道企業団の再編、海底での人工地震の発生を前提にした有事体制の強化、柏羽藤(かしはふじ)環境事業組合の竜田古道の里山公園の維持管理の不正の解決が急務です。これは、ユダヤ金融による住民へのサービスを減らし、自治体の再建団体化による買収計画の一環です。
 二つの選挙は、ユダヤ金融による自治体支配からの脱却と大阪維新の会による大阪都構想の実現の断念、安倍政権による日本国憲法の国民に対する政府の義務の強要への闘い、独裁的な市政運営の是正が問われています。
 今年の2つの選挙は、①住民の生活が第一の福祉・教育・医療の制度の充実、②住民が自分自身の頭で住民の要求の練り上げられる自治の確立、③地域経済の活性化が出来る戦略、④同和地域と一般地域での制度の水準の底上げ、⑤安心でや住みやすい都市計画のの確立が中心になります。大阪維新の会との対決姿勢を取っている現職議員や予定候補者が団結をしてまともな地方自治体の議会の確立と安定した財政の確立に向けて取り組みましょう。
イメージ 2
イメージ 3