☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

インターネットによる選挙活動を認めるための公職選挙法の改定

 インターネットによる選挙活動を認めるための公職選挙法の改定案が、4月19日に参議院政治倫理及び公職選挙法特別委員会で衆議院で可決した自民党公明党日本維新の会の修正案を全会一致で可決・成立しました。この法律は、今年7月の参議院選挙で実施できます。
イメージ 1
 この法律は、①政党の選挙におけるプロバガンダの横行になること、②公職選挙法のべからず規定を見直していないこと、③ユダヤ金融による20歳から40歳までのB層拡大戦略に沿っていること、④誹謗中傷や見た目重視になること、⑤丁寧な政策、マニフェストの宣伝の軽視、⑥ネットに疎い層への選挙活動の手抜きが狙いです。
 日本のほとんどの政党がユダヤ金融の日本支配を見抜けないことになっています。日本支配の戦略は、①政治と金と言うマスメディア通じた世論誘導や②財政赤字を名目としたコスト削減、③社会保障制度の危機を利用した世論誘導、④庶民の生活の自己責任への誘導を行っています。日本の選挙活動は、候補者の連呼や政策を語らない魅力のなさ、非日常な姿勢の第一が前提になっています。
 選挙の活動は、①極力金をかけない地道な政策宣伝や②後援会員が財政を賄う、③読みやすい、わかりやすい宣伝物の充実、④政党の幹部から聞いた実態から住民の生活の実態を重視すること、⑤日常生活に支障にならない選挙活動のスタイルの確立、⑥伝説や定説に鵜呑みにならないようなB層の縮小の戦略です。 
イメージ 2
イメージ 3