☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

日本の選挙の味気なさとB層本位の選挙宣伝

 日本の選挙は、公職選挙法に基づいて①選挙活動に規制をかけると②テレビやサイト、ブログでの宣伝への規制、③候補者の名前の連呼、④選挙用のポスターの平凡さが目立ちます。選挙が、地縁や血縁、団体本位、内向きになります。
イメージ 1
 選挙の本当の狙いは、①候補者が当選して何を実現したいのか、②実現できるプロセス、③実現を阻んでいる要因、④実現の目標年数を全住民を対象にチラシの配布や街頭宣伝、メディア、サイト、ブログなど広げて、理解者を組織するためです。チラシなどの宣伝物は、できるだけ簡潔で明瞭、写真などのビジュアル面を加えるといいと思います。日本維新の会自民党は、メディアを通して日本のイスラエル化への世論誘導と中国との戦争体制、徴兵制の確立を目指しています。日本維新の会が、民主党自民党みんなの党の国会議員を獲得してアジアにおける戦争経済への推進と地方自治体の戦争体制への布陣の目的を持っています。日本の裏社会は、小沢一郎亀井静香鈴木宗男を嫌ってB層の日本人の拡大やマスコミを通じた世論誘導でユダヤ金融の日本支配を支えています。
 国民の生活が第一小沢一郎代表が、毎日放送の関西限定の情報番組のちちんぷいぷいに出演して政権交代の意義や脱原発、消費税引き上げの撤回、日ごろの過ごし方などを含めてマスコミの報道への姿勢を批判しています。選挙は、旧来の辻説法の宣伝やチラシ配布だけでなく動画やブログ、サイトでの宣伝が駆使できなければ住民全体の選挙に取り組めません。日本の政治は、ユダヤ金融の日本支配の狙いを理解できずに①政治と金と言う世論誘導や②財政赤字を名目としたコスト削減、③社会保障制度の危機を利用した世論誘導、④庶民の生活の自己責任への誘導を行っています。これは、よりましな日本への再現とアメリカからの自立の世論の形成とB層政治からの脱却に転換できる基礎です。
 国民の生活が第一が提唱している国民連合は、アジアにおけるイスラエル化への世論誘導と日本における金融危機の対策、脱原発の実現の展望、新しい電力源の模索、自民党政権時代の官僚と産業界との癒着への舞い戻りを止めさせる契機になります。そして、政官一体のマスコミの体質の改善にも貢献できると考えられます。私は、選挙のスタイルや活動の改善が住民の主体的な政治や住民の生活の底上げ、人工地震への脅迫に動じない、人工異常気象に動じないような姿勢ができるようにしていきたいです。
イメージ 2
イメージ 3