☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、9月に店じまいしました。ぶどう狩りは。10月15日で終了しました。来年もよろしくお願いします。

ドイツイデオロギー

 ドイツイデオロギーの著作は、マルクスエンゲルスが1845年から46年までの2年間にフォィエルバッハの機械的唯物論の立場のヘーゲル弁証法批判やキリスト教批判から①ヘーゲル弁証法の積極性と問題、②フォィエルバッハのキリスト教批判の無理、③弁証法唯物論との融合、④社会における歴史の原動、⑤唯物論の実践からの観点を明らかにしています。
 この著作では、共産主義の意味を示しています。それは、「共産主義はわれわれにとっては、つくりだされるべき一つの状態、現実が基準としなければならない一つの理想ではない。われわれが共産主義とよぷのは、いまの状態を廃棄するところの現実的な運動である。この運動の諸条件はいま現存する前提からうまれてくる。」と社会の現状からの廃絶のためのムーブメントなのです。
 現状の把握は、「人間がかたり、想像し、表象するところのものから出発し、あるいはまたかたられ、思考され、想像され、表象される人間から出発してここから具体的な人間にたどりつくのではない。現実的に活動している人間から出発し、かれらの生活過程のイデオロギー的反射および反響の発展をも叙述するのである。」「意識が生活を規定するのではなく、生活が意識を規定する」と人民の生活の状況から基礎を置いているのです。
 日本共産党社民党新社会党中核派、第4インターなどの左翼の中堅幹部は、マンガの通読に慣れているために安易な手法やマニュアル第一の実践やビジョンに陥りがちです。また、ベテランの幹部は、今までの経験にしがみつくが余りに新しい情勢の把握や職場の新たな実態の把握ができずに困難に陥っています。
 政党活動や労働運動、革命運動は安易な手法やマニュアル第一で成し遂げるほど生易しいことでありません。マルクス主義における哲学は、労働者大衆の生活の実態からビジョンや戦術を立てられるための世界観であり実態の把握のための基本なのです。
イメージ 1
イメージ 2