☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

東大阪市会議員選挙と東大阪市長選挙

 東大阪市会議員選挙と東大阪市長選挙が、同時に9月25日告示、10月2日投開票で行われます。野田義和東大阪市長は、①東大阪流の構造改革による新自由主義路線の推進と②市内の医療・福祉の制度の引き下げ、③市内中小企業対策の弱さ、④大阪都構想での特別区への編入の推進を一層進めています。
イメージ 1
 公明党は、野田市長を支える立場から新自由主義による地方自治の衰退を招く役目を果たしています。自民党民主党は、野田市長への態度を巡ってそれぞれ3つ会派が分かれています。これは、自民党民主党野田市長流の構造改革に賛同できない表れです。野田市長は、同和地域での村の解体対策や在日コリアンへの排外体質、育鵬社の中学校の公民教科書の推進が現れています。これは、保守層の間の分断と日本共産党層への分断、民主党層の分断を図るためです。
 今回の2つの選挙は、①政権交代を受けて東大阪市の生活第一の立場の多数派形成と②公明党自民党新自由主義派の議席の減少、③新社会党社民党民主党の生活第一派の増大、④市民運動系の議席の確立、⑤革命派議員の復活で東大阪のの構造改革の態度を改めさせる、⑥市民の生活第一の市長の誕生ためです。
 私は、選挙を通して、①住民の生活のし易さをサポートをする地方自治体の確立、②住民が主人公の地方自治体を選択できるようにすること、③地域主権の名による大阪都の実現をやめさせること、④東大阪市内の地域経済の振興こそ国の経済戦略の基礎、⑤布施地域や河内地域、枚岡地域の生活格差の是正、⑥同和地域や在日コリアンとの共生の都市対策の実現できるようにしていきます。
イメージ 2
イメージ 3