☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

レーニンの国家と革命について(再録)

 日本共産党オバマアメリカ大統領の核兵器廃絶発言で同大統領に書簡を送りました。これは、アメリカの世界戦略に反対の立場を放棄しました。
 社民党新社会党は、オバマアメリカ大統領の核兵器廃絶発言に賛同しつつもアメリカの軍事再編に疑問を投げかけています。
 日本共産党オバマアメリカ大統領への賛美は、レーニンの国家と革命と言う著作で、「階級支配の機関であり、一つの階級による他の階級の抑圧の機関」としての位置づけをもみ消しているのです。このような態度は、共産主義者の死を意味しています。
 レーニンの国家と革命について(再録)は、下記のとおりです。

 レーニンの国家と革命は、1917年2月から9月までに仕上げました。この時は、ロシアでツァーリー打倒の機運が高まっていました。この本は、ロシアの激動期の時に書かれました。
 レーニンは、国家をエンゲルスの「家族、私有財産及び国家の起源」からの引用をしながら規定しています。

 ①国家は、階級対立の非和解性の産物としています。支配階級と被支配階級に分裂した社会では、2つの階級の利害は、対立します。これが国家の生まれる必然性です。
 ②国家は、階級支配の機関であり、一つの階級による他の階級の抑圧の機関であり、階級の衝突を緩和しつつ、この抑圧を強固なものにする秩序を作りだします。この秩序は、抑圧階級が被抑圧階級の反抗を抑えつけるためです。
 国家の特徴は、①国民を地域によって区分することと②自分を武装力として組織する住民とはもはや直接には一致しない一つの公的権力をうちたてることです。
 ①の国民の地域による区分は、氏族共同体が解体し、和解しがたく敵対する階級へ社会が分裂したということです。②の公的権力とは、支配階級に奉仕する武装した人間の特殊な部隊です。だから、被抑圧階級が武装組織を形成して、公的権力=支配階級の階級支配のための武装した人間の特殊な部隊を粉砕すれば、国家は崩壊してしまいます。

 レーニンは、労働者階級が国家をどのようにして取り扱うを指摘しています。 
 プロレタリアート(労働者階級)は、国家権力を掌握し生産手段を国家管理に転化させ、「プロレタリアートとしての自分自身とともに、あらゆる階級の区別と階級対立を廃絶し、国家としての国家をも廃絶する」としてします。ブルジョア(資本家階級)権力からプロレタリア権力との交代は、社会主義革命として行われる以外と指摘しています。
 プロレタリアの権力獲得の時期の国家の政治形態は、「もっとも完成した民主主義である」こととブルジョアジーの力が一掃されれば、「人にたいする統治に代って、物の管理と生産過程の指導とが現れる。」。政治形態の一つである民主主義そのものも消滅する。
 資本主義における国家としての形態である民主共和制においても、「賃金奴隷制が人民の運命である」。暴力とは、社会運動が自分自身の道を貫徹し、死んで化石となった政治的なさまざまな形態を打ち砕くための道具であり」、「勝利に終わったどの革命からも、大きな道徳的・精神的高揚が結果として生じている。」

 レーニンは国家を通りに総括しています。
 「プロレタリア国家がブルジョア国家を制圧することは、暴力革命なしには不可能である。プロレタリア国家、そして国家そのものの廃絶は、『死滅』の道をとおる以外に不可能である」

 レーニンは、国家と革命でロシアでの社会主義革命を労働者ソビエトや農民ソビエトを基盤とした武力による革命で第一次世界大戦での帝国主義からの干渉の対抗とロシアのブルジョアジーの打倒を呼びかけました。不破哲三氏は、レーニンの国家と革命を読んではいけないと党内や提携している労働組合や市民団体への締め付けを展開しています。
 私たちが、国家の本質を学び、小泉や安倍、ブッシュの戦争体制の強化に抵抗し、アジアや中南米アメリカ帝国主義に反対するたたかい連帯するためにこの本からの教訓を学ぶことです。